ED治療薬ごとの特徴|レビトラやミノキシジルを使ってコンプレックスを改善させよう

ED治療薬ごとの特徴

寝転ぶ男性

ED治療薬の基本的な効果自体はどれも同じです。
血行促進が最も大きな役割となっており、性的刺激を受けた際に再びペニスへ充分な血液が流れるようにしてくれるのです。
ED治療薬はあくまでも勃起できる状態を作り出してくれることであって、服用したからといって強制的に勃起したり、性欲が強まることはありません。
たまにED治療薬に対してこうした勘違いをしている人もいるので、まずその誤認は解いておきましょう。

3大治療薬と呼ばれている3種類のED治療薬も、基本的な効果はこれです。
しかし、この血行促進作用とは別に、それぞれが異なる特徴を持っていることを覚えておきましょう。
まずバイアグラですが、こちらは安定した勃起力が魅力のED治療薬となっています。
効き目が出始める時間や効果の持続時間なども優秀で、その安心感はさすがといったところでしょうか。
シアリスもED改善には充分な効果を発揮してくれるのですが、それに加えて圧倒的に長い持続時間が大きな特徴となっています。
通常、他のED治療薬であれば5~6時間ほどしか効果が持続しないのですが、シアリスに関しては24~36時間という驚異的な持続時間を誇ります。
朝に服用したとしてもその日の夜にしっかり効果を発揮させられるため、服用するタイミングを気にしたくない人にはオススメです。

そして最後にレビトラですが、レビトラの魅力は優れた即効性です。
服用してから1~2時間で効果を発揮し出すED治療薬が多いなか、レビトラに関しては30分程度で効果が出始めます。
人によっては10分足らずで効果があらわれることもあるでしょう。
そのため、行為をする直前に服用しても間に合わせることができ、こちらも服用するタイミングを気にしたくない人にオススメです。
ただ、シアリスと違い、行為をする雰囲気を確認してから服用できるため、「シアリスを服用しておいたのに結局何もしなかった…。」ということにはならないので安心してください。